• キャリア教育TOP
  • 学生アンケート イマドキの就活生 2011年9月のアンケート結果

学生アンケート イマドキの就活生

ここでは、就職活動中の学生たちの本音をご紹介します。就職活動の流れに沿ったアンケートを実施し、学生たちが何を考え、何に悩んでいるのかをご紹介します。就職支援の参考にしてください。

9月のマジョリティー

「キャリア関連」科目を履修したか?…
「いいえ」(54%)
「キャリア関連」科目の履修理由は?…
「就職に不安」(28%)
「キャリア関連」科目の履修しなかった理由は?…
「何を学ぶのか分からなかった」(23%)
インターンシップに参加したか?…
「いいえ」(47%)
学園祭に参加する?・行く?…
「行かない・分からない」(38%)

今月のアンケートは、「キャリア関連科目の履修状況」「インターンシップへの参加状況」「文化祭への参加状況」についての質問です。

調査概要

調査方法インターネットによるアンケート調査
対象者2013年3月卒業予定の日経就職ナビ会員
回答者数2000人
調査期間2011年9月16日〜10月13日

アンケート結果

学校で「キャリア関連」の科目を履修しましたか?

「はい」が45.7%、「いいえ」が54.3%で、履修者は半数以下でした。ジョブカフェ・サポートセンターが2009年に実施した調査によると、「キャリア形成支援に授業科目として取り組んでいる」と回答した大学は18%で、「授業科目とガイダンス/セミナー両方」とした大学は57%となり、合わせて75%の大学が正課科目として実施しています。ただ、1科目設定がほとんどで、選択科目・全学共通科目が半数を超えるなど、より多くの学生は履修できるまでには至っていないようです。それを反映した結果といえるでしょう。

履修した理由は次のうちどれですか?

履修理由については「就職に不安があったから」(28.4%)で最も多く、「自分の将来(人生)に不安を持っていたから」(9.3%)と合わせると37.7%が「不安」を理由に履修していました。一方、「自分の将来(人生)設計について考えるきっかけにしようと思ったから」(23.1%)と「自分がどんな仕事に就くのかを考えるきっかけにしようと思ったから」(19.9%)を合わせると43.0%となり、前向きな理由で履修している学生が多い結果となりました。積極的に自分の将来を切り開こうと考えている学生が受講しており、科目に対する学生の期待は大きいといえるでしょう。

履修しなかった理由は次のうちどれですか?

履修しなかった理由については「何を学ぶのか分からなかったから」(23.3%)、「専攻分野と関係ないから」(21.1%)、「興味がないから」(7.4%)、「抽選にもれたから」(6.8%)、「単位を取りにくい科目だから」(1.9%)でした。Q1で、科目数の少なさなどを指摘しましたが、「何を学ぶのか分からない」が最多であることを考えると、シラバスの内容が抽象的であるために、履修することをやめてしまう学生がいるのかもしれません。

インターンシップには参加しましたか?

インターンシップへの参加の有無は、「参加していない」が46.8%。「参加した(参加予定)」が36.8%で、応募したものの選考にもれて「参加できなかった学生」(16.4%)を含めると、半数以上がインターンシップへ参加・申し込みをしたことになります。アンケートは日経就職ナビ上で9月中に実施しており、インターンシップに関心の高い学生が集まっているために、半数以上が参加・申し込みをしているという結果になったと思われます。

今年、学園祭・文化祭に行く予定は?

11月といえば学園祭・文化祭シーズンですが、運営スタッフ・出店者などとして学園祭・文化祭に参加する学生は32.0%にとどまりました。一方、参加の予定がない学生は37.9%でした。サークル・部活動や学園祭への参加は、社会人基礎力のような能力を身につけ、磨くには、最適の機会になりますが、3分の1の学生しか参加しないという、ややさびしい結果となりました。活気のある大学でこそ学生は成長することができると思いますので、学園祭・文化祭への積極的な参加を促したいですね。