社会人基礎力とは

社会人基礎力とは「職場や地域社会の中で多様な人々とともに仕事する上で必要な基礎的な能力」として、経済産業省が提言したものです。簡単にいうと、学問で得られる専門知識やスキル以外に、仕事をする上で必要になる基本的な力のことです。

この社会人基礎力は、大きく分けると「前に踏み出す力(アクション)」「考え抜く力(シンキング)」「チームで働く力(チームワーク)」の3種類があります。この3つはさらに、「主体性」「働きかけ力」「実行力」「課題発見力」「計画力」「創造力」「発信力」「傾聴力」「柔軟性」「情況把握力」「規律性」「ストレスコントロール力」の12要素に分かれます(表参照)。

大分類 能力 能力の内容(下段は行動例)
アクション
前に踏み出す力
(アクション)
主体性 物事に進んで取り組む力
指示を待つのではなく、自らやるべきことを見つけて積極的に取り組む
働きかけ力 他人に働きかけ巻き込む力
「やろうじゃないか」と呼びかけ、目的に向かって周囲の人々を動かしていく
実行力 目的を設定し確実に行動する力
自ら目標を設定し、失敗を恐れず行動に移し、粘り強く取り組む
シンキング
考え抜く力
(シンキング)
課題発見力 現状を分析し、目的や課題を明らかにする力
目標に向かって、自ら「ここに問題があり、解決が必要だ」と提案する
計画力 課題に向けた解決プロセスを明らかにし、準備する力
課題の解決に向けた複数のプロセスを明確にし、「その中で最善のものは何か」を検討し、それに向けた準備をする
創造力 新しい価値を生み出す力
既存の発想にとらわれず、課題に対して新しい解決法を考える
チームワーク
チームで働く力
(チームワーク)
発信力 自分の意見をわかりやすく伝える力
自分の意見をわかりやすく整理した上で、相手に理解してもらうように的確に伝える
傾聴力 相手の意見を丁寧に聴く力
相手の話しやすい環境をつくり、適切なタイミングで質問するなど相手の意見を引き出す
柔軟性 意見の違いや立場の違いを理解する力
自分のルールややり方に固執するのではなく、相手の意見や立場を尊重し理解する
情況把握力 自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力
チームで仕事をするとき、自分がどのような役割を果たすかを理解する
規律性 社会のルールや人との約束を守る力
状況に応じて、社会のルールにのっとって、自らの発言や行動を適切に律する
ストレス
コントロール力
ストレス発生源に対応する力
ストレスを感じることがあっても、成長の機会だとポジティブに捉えて肩の力を抜いて対応する

これらの力は単に覚えればいいというものではなく、さまざまな経験を通して徐々に身に付くものです。大学ではゼミ・研究活動やサークル・部活動、アルバイト、留学、友人との付き合いなど、いろいろなことにチャレンジし、その経験を通して養成されるのです。ぜひ、充実した学生生活を送って社会人基礎力を育成しましょう。