「平成28年度 社会人基礎力育成グランプリ」地区予選大会の結果

代表7チーム決定!

「平成28年度 社会人基礎力育成グランプリ」地区予選大会が、2016年11月26日と12月4日に全国6会場で開催され、参加大学による熱戦が繰り広げられました。

 各地区で優秀賞を獲得した7チーム(関東地区は2チーム)は、17年2月20日に開催される決勝大会で日本一を争います。 各地区の優秀賞、準優秀賞を受賞した大学を紹介します。
※( )内の数字は参加チーム数

■北海道・東北地区(6)

優秀賞(決勝大会進出)
  • 東北公益文科大学 観光まちづくりコース

  •  学生が多様な地域団体と協働して取り組む「酒田おもてなし隊」の観光を切り口とした地域活性化
準優秀賞
  • 石巻専修大学 経営学部経営学科
  •  知ることから始まる 復興ボランティア学ワークショップ

  • 東北学院大学 教養学部地域構想学科
  •  七北田ヒカルモノプロジェクト

■関東地区(24)

優秀賞(決勝大会進出)
  • 横浜市立大学 国際総合科学部国際総合科学科経営学コース

  •  海外で挑む起業体験プログラム〜ぶつかり合う価値観の先に見えた可能性〜

  • 拓殖大学 商学部経営学科

  •  瀬戸内海に浮かぶ、広島県呉市の三角島活性化を目的とした地方創生活動
準優秀賞
  • 創価大学 経済学部経済学科
  •  ベジの架け橋プロジェクト 〜ベジタリアンフレンドリーな社会へ〜

  • 創価大学 経営学部経営学科
  •  再配達削減プロジェクト

  • 埼玉女子短期大学 国際コミュニケーション学科

  •  東北「福島の花」が教えてくれる復興支援の在り方と本当の「笑顔」とは何かを考える

  • 新潟大学 工学部化学システム工学科
  •  汚泥灰からリン(燐)回収及び肥料化技術開発 −資源循環社会の構築−

■中部地区(11)

優秀賞(決勝大会進出)
  • 皇學館大学 現代日本社会学部
  •  大学生がケーブルテレビとYouTubeで地域の魅力を発信する
準優秀賞
  • 中京大学 総合政策学部総合政策学科
  •  ふがらっさ与那国! 〜日本最西端からの経済活性化への挑戦〜

■近畿地区(16)

優秀賞(決勝大会進出)
  • 同志社大学 商学部商学科

  •  ソーシャルマーケティングで社会を変える!  ギネス世界記録挑戦で臓器提供意思表示率向上!!
  • 大阪工業大学 工学部機械工学科

  •  アイディア対決NHK学生ロボットコンテストへの挑戦! 〜新しいチームマネージメントでリベンジ〜
準優秀賞
  • 流通科学大学 人間社会学部観光学科
  •  奈良県吉野町山口地区での里カフェ&森林カフェ企画・運営

  • 京都光華女子大学 短期大学部 ライフデザイン学科
  •  地域交流!地域実践!地域還元!女子短大生が挑んだ京(みやこ)の水カフェ

  • 大阪経済法科大学 国際学部

  •  世界に伝える日本のおもてなしの心〜学生ボランティアが奮闘するひと夏のなら国際映画祭〜

  • 京都産業大学 全学共通教育センター
  •  O/OCF-PBL2

■中国・四国地区(5)

優秀賞(決勝大会進出)
  • 松山大学 経営学部経営学科

  •  松山大学×のうみん株式会社〜一人一躍!販促活動と新商品開発までのストーリー〜
準優秀賞
  • 岡山商科大学 経済学部経済学科
  •  若者による「少子化対策」プロジェクト

  • 松山大学 経済学部経済学科
  •  経済学学修を通じた急がば回れの社会人基礎力育成

■九州・沖縄地区(8)

優秀賞(決勝大会進出)
  • 福岡大学 経済学部ベンチャー起業論

  •  すべて天然素材を使用した今までにない健康志向チョコレートの新商品開発
準優秀賞
  • 福岡女学院大学 人文学部現代文化学科
  •  原点回帰〜私達の小さな課題 社会人基礎力を見つめなおす〜


  • 熊本大学大学院 先端科学研究部

  •  熊本のスイカ農業の未来を変える!産学官連携による地場産業活性化プロジェクト

【地区予選大会(日程/会場)】

北海道・東北地区 2016年11月26日(土)/東北学院大学・土樋キャンパス
関東地区 2016年12月4日(日)/拓殖大学・茗荷谷キャンパス
中部地区 2016年12月4日(日)/名古屋産業大学 文化センター
近畿地区 2016年12月4日(日)/大阪工業大学・大宮キャンパス
中国・四国地区 2016年12月4日(日)/松山大学・樋又キャンパス
九州・沖縄地区 2016年12月4日(日)/福岡合同庁舎・九経交流プラザ


決勝大会は2月20日

 決勝大会は2017年2月20日(月)に拓殖大学(東京・文京)で開催される予定です。 予選を勝ち抜いた学生チームは、与えられた14分間のプレゼンテーションの時間をフルに活用し、どんなことに取り組み、どんな“壁”があり乗り越えたのか、どのように社会人基礎力が伸びたかなどについて発表します。
詳しくはこちら( https://www.mda.ne.jp/kisoryoku/index9.html )をご覧ください。

社会人基礎力育成グランプリとは

社会人基礎力育成グランプリとは、大学の授業(ゼミ・研究)などを通じて、「どのような活動に取り組み、どのように成長できたか」について、学生チームが発表します。予選大会は6会場で実施し、各予選大会で特に成長が著しいと評価されたチームが決勝大会に進出します。決勝大会で、最も成長したと評価されたチームには、「経済産業大臣賞」が授与されます。

●主催:社会人基礎力協議会
●共催:経済産業省

社会人基礎力とは
社会人基礎力とは「職場や地域社会の中で多様な人々とともに仕事する上で必要な基礎的な能力」として、経済産業省が提言したものです。簡単にいうと、学問で得られる専門知識やスキル以外に、仕事をする上で必要になる基本的な力のことです。
3つの力・12の能力要素はこちら

  • 前年のグランプリを見る
  • 社会人基礎力道場

  • 「社会人基礎力グランプリ2015」を見る
  • 「社会人基礎力グランプリ2014」を見る