「平成29年度 社会人基礎力育成グランプリ」全国大会 「経済産業大臣賞」に輝いたのは?

「平成29年度 社会人基礎力育成グランプリ」全国大会が2018年2月20日、拓殖大学(東京・文京区)で開催され、福岡女学院大学人文学部現代文化学科が社会人基礎力大賞(経済産業大臣賞)、準大賞は朝日大学法学部法学科と松山大学経済学部経済学科が受賞しました。

2008年から年1回開催されている同グランプリは、大学での授業・活動を通じて、学生の「社会人基礎力」がどれだけ成長したのかを競う大会です。

2017年12月に全国6地区で開催された地区予選大会には、全国45大学55チームが参加。全国大会では、地区予選大会を勝ち抜いた9チーム(関東、中部、近畿地区は2チーム)が出場しました。学生たちは、与えられたプレゼンテーションの時間をフルに活用し、どんなことに取り組み、どんな“壁”がありどう乗り越えたのか、どのように社会人基礎力が伸びたのかなどについて、全力を尽くして発表しました。

社会人基礎力大賞(経済産業大臣賞)
福岡女学院大学 人文学部現代文化学科(九州・沖縄地区)
○発表テーマ:世界一の非売品 エアライン業界実践研修 CLASS J

発表内容 多くの女子学生が目指す航空業界。そのため各大学や専門学校などの教育機関では多くのエアライン研修が行われています。しかし、それらの研修は非常に高価で販売されています。夢のために必死にアルバイトを行い、疲労困憊で授業に向かう、そして再びアルバイトに。この悪循環に疑問を抱いた私たちは立ち上がりました。チーム内のミーティングすらうまくできなかった私たち。しかし諦めませんでした。私たち自身で何度も企業の方と交渉を重ね、0の状態から企画し、研修の運営までやり遂げました。地方女子大生が果敢に大企業へ挑み続け、共同してつくりあげたもの。それが世界一の非売品 CLASS Jです。

社会人基礎力準大賞
朝日大学 法学部 法学科(中部地区代表)
○発表テーマ:大学生による子ども支援活動
 

発表内容刑事法ゼミでは、少年法等の専門知識に基づき、BBS活動を実施しています。今年度のゼミ活動では、座学で得られた知識に基づき、問題を抱えている子どもたちに対して、主体的に支援活動を行うことを目的とし児童自立支援施設在園中の少年たちとの交流事業を企画・実施することにしました。具体的には、スポーツや料理を通じ、兄や姉のような存在として寄り添うことにより、その更生のきっかけを与えられたと実感するとともに、当該活動を通じ、まずは対象者と信頼関係を築かなければ何も始まらないこと、また立ちはだかった問題に対して、チーム全体で協力し、積極的に活動を起こすこと等、社会に出るにあたって必要な要素を学ぶことができました。

社会人基礎力準大賞
松山大学 経済学部 経済学科(中国・四国地区代表)
○発表テーマ:サイクリストの聖地における社会人基礎力育成の試み

発表内容私たち松山大学チームは、松山市にコミュニティサイクル誘致を目指し社会人基礎力向上を目標に活動してきました。誘致を実現させるために、コミュニティサイクルを導入している企業への取材や視察、市長や知事といった行政のトップへの直談判なども行ってまいりました。 自転車業界・関連企業の研究を進めていく中で、誘致に向けた問題解決策など、メンバー間の意見の衝突を繰り返しながら今日まで考え抜いてきました。この活動を通してお互いの意見を尊重し合えるようになり、個々の能力を認め合うことで、社会人に必要なスキルをより高めることができました。 中国四国の代表としてこの全国の舞台で私たちの活動の成果を披露させていただきます。

大会概要

■開催日:2018年2月20日(火)12時〜17時40分
■会場:拓殖大学 文京キャンパス E館1階 後藤新平・新渡戸稲造記念講堂
■当日のプログラム
12:00 開会式(開会挨拶・審査委員紹介など)
12:15〜16:15■決勝大会出場大学の発表
発表@ 帝塚山大学 現代生活学部 食物栄養学科
発表A 創価大学 経営学部 経営学科
発表B 中京大学 総合政策学部 総合政策学科
発表C 大阪工業大学 知的財産学部 知的財産学科
休憩(15分)
発表D 松山大学 経済学部 経済学科
発表E 福岡女学院大学 人文学部 現代文化学科
発表F 朝日大学 法学部 法学科
発表G 拓殖大学 商学部 経営学科経営コース
発表H 東京農業大学(北海道オホーツクキャンパス)  生物産業学部
休憩(15分)
16:25〜16:55イベント(学生企画)
16:55〜17:10表彰式
17:10〜17:20審査委員講評
17:20〜17:25閉会挨拶
17:25〜17:40記念撮影

■詳細は「社会人基礎力協議会」事務局のサイトをご覧ください。
 ※事務局のサイトはこちら

 

【地区予選大会の結果】

各地区予選大会の参加大学や結果などを掲載しています。

地区予選大会の情報はこちら

社会人基礎力育成グランプリとは

社会人基礎力育成グランプリとは、大学の授業(ゼミ・研究)などを通じて、「どのような活動に取り組み、どのように成長できたか」について、学生チームが発表します。予選大会は6会場で実施し、各予選大会で特に成長が著しいと評価されたチームが決勝大会に進出します。決勝大会で、最も成長したと評価されたチームには、「経済産業大臣賞」が授与されます。

●主催:社会人基礎力協議会
●共催:経済産業省

社会人基礎力とは
社会人基礎力とは「職場や地域社会の中で多様な人々とともに仕事する上で必要な基礎的な能力」として、経済産業省が提言したものです。簡単にいうと、学問で得られる専門知識やスキル以外に、仕事をする上で必要になる基本的な力のことです。
3つの力・12の能力要素はこちら

  • 前年のグランプリを見る
  • 社会人基礎力道場

  • 「社会人基礎力グランプリ2016」を見る
  • 「社会人基礎力グランプリ2015」を見る
  • 「社会人基礎力グランプリ2014」を見る