―若手の「社会人基礎力」を養成― 内定者・新入社員研修付き「社会人基礎力診断」

社会人基礎力とは

社会人基礎力とは、「職場や地域社会の中で多様な人々とともに仕事する上で必要な基礎的な能力」として経済産業省が提言したものです。言い換えれば、学問で得られる専門知識やスキル以外に仕事をする上で必要になる基本的な力のことです。

社会人基礎力は、大きく「前に踏み出す力(アクション)」「考え抜く力(シンキング)」「チームで働く力(チームワーク)」の3つの力に分かれます。この3つはさらに「主体性」「働きかけ力」「実行力」「課題発見力」「計画力」「創造力」「発信力」「傾聴力」「柔軟性」「情況把握力」「規律性」「ストレスコントロール力」の12要素に分解されます。

社会人基礎力の重要性

社会人基礎力の重要性 グラフ

ほぼすべての企業が、新入社員の採用プロセスや入社後の人材育成において「社会人基礎力」を重視している。

グラフ出典:経済産業省
「企業の『求める人材像』調査2007 〜社会人基礎力との関係〜」

前に踏み出す力(アクション)
主体性物事に進んで取り組む力
働きかけ力他人に働きかけ巻き込む力
実行力目的を設定し確実に行動する力
考え抜く力(シンキング)
課題発見力現状を分析し、目的や課題を明らかにする力
計画力課題に向けた解決プロセスを明らかにし、準備する力
創造力新しい価値を生み出す力
チームで働く力(チームワーク)
発信力自分の意見をわかりやすく伝える力
傾聴力相手の意見を丁寧に聴く力
柔軟性意見の違いや立場の違いを理解する力
情況把握力自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力
規律性社会のルールや人との約束を守る力
ストレスコン
トロール力
ストレス発生源に対応する力
  • 特徴1

    実際の業務で直面するような場面を問題にした4択肢と、性格適正検査(YES NO形式)の2部構成。若手人材の基礎力を約30分で客観的、総合的に診断できます。

  • 特徴2

    受検結果は、画面上で瞬時に表示。自分の強い分野、弱い分野を把握することができますので、効果的な研修計画を立てることができます。

  • 特徴3

    診断結果は、能力の有無だけでなく、今後成長のためのアドバイスコメントを表示します。受検者に社会人として何が必要なのかを自覚させ、仕事のモチベーションを維持させます。

    @全体のアドバイスコメントと能力高低が分かるよう3つのレーダーチャートで表示 A12の要素をグラフで表示

社会人基礎力診断は日経HRとネクストエデュケーションが共同開発しました。 


料 金(1人あたり) 定価:3,800円+税/人
全体分析レポート(オプション)定価:50,000円+税
社会人基礎力診断について問い合わせる