今回の能力シンキング情況把握力
採用担当者重視度 4.9%

自分の力を把握し、何をすべきか考える

情況把握力

周囲がどんなに忙しく働いていようと、「われ関せず」的な人は会社の中では浮いた存在になりがちです。チームで動くことの多い仕事は、助けたり助けられたりが日常茶飯事。一緒に仕事を進めている同僚の手伝いをするのは当然のことで、マンガの彼のような態度では叱られても仕方ありませんね。常に周囲にいる人の情況を把握し、「自分の出来ることをする」という姿勢が求められます。ただ、会社の中には周囲の情況が分からないのではなく、分からないフリをしているだけの人もいますけどね。このような人は、チームで働く力があるとは言えません。

社会人基礎力では、情況把握力を「自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力」と定義し、行動例を「チームで仕事をするとき、自分がどのような役割を果たすかを理解する」としています。これは、単に情況を把握できるかできないか、言い方を変えると、ちょっと前に流行った「KY(その場の空気が読めない)」かではなく、情況を理解した上で自分が何をすべきなのか分かって行動しなければなりません。

自分は何ができるのかも把握する

職場では、自分だけの仕事に集中することも必要ですが、それだけでなく周囲の情況にも常に気を配っていなければなりません。周囲の人が忙しそうにしていれば、「なぜ自分以外の人が慌しく動いているのか?」という疑問を持ち、情況が分かれば自分のできる範囲で手助けをする。このような行動をとることができる力が情況把握力と言えます。自分の周りで何が起こっているのか常に注意を払い、情況を把握できたら、自分は何ができるのかを考える習慣を身に付けるといいでしょう。そのためにも、自己の能力も十分に理解しておく必要があります。

この情況把握力はチームで働く際には、行動のきっかけとなる力である点がとても重要です。社会人基礎力の中で最も重視される力である「主体性」がありますが、これは「物事に進んで取り組む力」と定義し、行動例は「指示を待つのではなく、自らやるべきことを見つけて積極的に取り組む」です。誰かに指示されてから動くのではなく、自らが判断して動かなければなりません。その際に必要となるのが、どんな行動をとるのかを決定する情況把握力です。情況を正確に把握できなければ、主体性を持って行動しても役立つ行動にはならないでしょう。それゆえ、情況を把握し、それを正しい行動に結び付けることが大切なんですね。

どうすれば鍛えられるの

情況把握力を鍛えるには、どうすればいいのか。第一には、置かれている情況を理解しようとすること。つまり、何かに取り組む際には、自分のことだけに一生懸命になるのではなく、周囲の情況に関心を払い、把握する努力をすることです。決して「自分さえ良ければいい。他のことは関係ない」などという、心の狭い考え方を持っていてはダメです。

次に、自分の強みを把握することです。自分の強みを知っていれば、自分の力を生かせる情況だと判断した場合、積極的にその力を活用できます。誰でもその人の特徴となる力を持っているのですから、それを惜しみなく生かせるようにすることです。そうした経験を積むことによって、さらに周囲の情況を把握できるようになり、自分の力を発揮できる場は自然と増えていくことでしょう。

将来、仕事をするようになったときには、自分の役割を理解し、その場に応じて積極的に力を発揮できれば、誰からも頼られるビジネスパーソンになること間違いありません。