側面別ランキング 知力・学力1位は京都大学

大学イメージ調査

value2023-s3m.jpg

「就職力ランキング」は、企業の人事担当者に過去2年間に採用した各大学の学生のイメージを聞く「企業の人事担当者から見た大学イメージ調査」の結果を基に作成しています。同調査では採用実績のある大学の「学生イメージ」を4側面、12項目※について評価してもらい、側面別ランキングも出しています。ここでは、4側面のうち、知力・学力ランキングを紹介します。


※4側面、12項目

側面1_行動力(熱意がある・主体性がある・チャレンジ精神がある)
側面2_対人力(コミュニケーション能力が高い・ストレス耐性が高い・柔軟性、適応力がある)
側面3_知力・学力(論理的思考ができる・高い教養を身に付けている・理解力がすぐれている<地頭がよい>)
側面4_独創性(創造力がある・個性がある・着眼点がよい)


研究力で他大学を圧倒する京都大学が1位

知力・学力で1位となったのは京都大学(9.17)。「世界的に卓越した知の創造を行う」が基本理念に入っている通り、研究力では他大学を圧倒。京都大学が輩出した自然科学分野のノーベル賞受賞学者は8人と、東京大学の6人を上回っています。


知力・学力ランキングを構成するのは「論理的思考ができる」「高い教養を身につけている」「理解力がすぐれている(地頭がよい)」の3項目。3項目の得点を合算し、項目数で割った平均値を「知力・学力」としています。4つある側面別ランキングのうち、知力・学力の京都大学が唯一、9点以上の得点を獲得しました。


2位の名古屋大学(8.88)は、知力・学力を構成する「論理的思考ができる」が4位、「高い教養を身につけている」が3位、「理解力がすぐれている(地頭がよい)」が2位。名古屋大学もノーベル賞受賞学者(自然科学分野)が3人います。3位は東京大学(8.85)は「論理的思考ができる」が3位、「高い教養を身につけている」が6位、「理解力がすぐれている(地頭がよい)」が3位でした。


4位一橋大学(8.83)、5位横浜国立大学(8.70)、6位東北大学(8.69)、7位名古屋工業大学(8.62)、8位大阪大学(8.56)、9位東京工業大学(8.51)、9位東京外国語大学(8.51)がTOP10でした。


value2023-s3_2.jpg


京都大学は3項目すべてで1位

知力・学力を構成する3項目別のランキングでは、京都大学がすべてで1位となりました。「論理的思考ができる」では、1位京都大学、2位一橋大学、3位東京大学、4位名古屋大学、5位電気通信大学。「高い教養を身につけている」では、1位京都大学、2位東京外国語大学、3位名古屋大学、4位名古屋工業大学、5位東北大学。「理解力がすぐれている(地頭がよい)」では、1位京都大学、2位名古屋大学、3位東京大学、4位一橋大学、5位横浜国立大学。


value2023-s3_3.jpg


【調査概要】
調査名:企業の人事担当者から見た大学イメージ調査
調査期間:2022年2月14日(月)~3月22日(火)
調査対象:2022年2月現在の全上場企業(新興市場含む、外国会社は除く)と一部有力未上場企業
調査対象社数:4982社
回答社数:746社(回答率 15.0%)
調査主体:日本経済新聞社と日経HR
調査協力:日経リサーチ

撮影協力/武蔵大学


btn4.png

商品紹介

value2022_2.jpg

日経キャリアマガジン特別編集
価値ある大学2022-2023 就職力ランキング
日経HR編集部 定価:1,100円(税込)

日経独自調査 企業人事が評価する大学は?
日経本紙との共同調査、教育・経済・働き方の「これから」を読むための視点を提供する特集・企画を通し、大学4年間の「その後」を見越した進路選択につなげていただきます。
特集「企業が欲しがる人材を育てる大学」では、「総合ランキング」「側面別ランキング」のほか、新たに「業種別ランキング」「本社所在地ランキング」も加え、さまざまな切り口で社会・企業から評価されている大学を紹介します。イマドキの大学生活から、オープンキャンパス、最新の入試情報、就職情報、学費・奨学金情報まで、大学の今をつかむ内容が満載です。
詳細をみる
Amazonで購入する