【書籍】就活対策にも! 500語以上のキーワードを掲載 ビジネスや社会の動きをつかめる1冊

日経キーワード2022-2023の表紙

『日経キーワード 2022-2023』

11テーマ、キーワードは500語以上収録
キーワードを通じて「今」を捉えられ、就活対策や、知識のアップデートに最適

本書は、最近の動きを11のテーマに分類し、それぞれの傾向を読み解くキーワードとその解説を掲載しています。日経が得意とする「経済」をはじめ、「政治」「業界・企業」「テクノロジー」「国土・環境」「医療・福祉」「社会・生活」「教育・文化・スポーツ」など幅広くテーマを扱っており、読めば"現代"の動きに強くなります。


自分が知りたい、または苦手としているテーマを読めば、その分野のキーワード、現状や将来の課題などが理解できるでしょう。 1キーワードにつき400~500文字というコンパクトな説明量でまとめているため、 定義や論点、「今」の状況を端的に押さえるのに最適です。

巻末の資料編は「基礎用語 ミニ辞典」、「日経MJヒット商品番付」「押さえておきたい一般常識」を掲載。「基礎用語 ミニ辞典」は「インフレ」「為替相場」など基礎的な用語や経済・金融の知識を深めるのに役立つ言葉を集めました。用語の意味を理解できれば、新聞などのニュースを読むとき、出来事の意味や今後の流れなどが分かりやすいはずです。

日経HR編集部 編著 /定価:1,265円(税込)/発売日:2021年12月8日/ISBN:978-4-89112-201-0
Amazon(紙)で購入する  Amazon(Kindle版:電子書籍)で購入する


大学生の就職活動対策に

「ニュースはネットで見ているから大丈夫」そう考えている大学生も多いかもしれません。 でも、興味のある分野のニュースばかり見ていないでしょうか?
就職活動には広い視野で物事を見る力が必要です。 それにネット上に情報があふれており、どれを信じてよいのか迷うこともしばしば。 だからこそ1冊、信頼できる情報源として本書を持っておくと安心です。
「経済」や「政治」など定番のテーマに加え、「業界・企業」「労働・雇用」といった就活に直結するものもカバー。
重要キーワードの意味や背景について知識を増やしておけば、時事ニュースの理解や業界・企業研究もスムースに進むでしょう。

日経キーワード2022-2023 紙面

【目次】(抜粋)

  • 2021年の10大キーワード
    K字経済 コロナショックと世界経済 岸田内閣 SDGs 中国共産党100年
    バイデン政権 宇宙ビジネス 脱炭素・カーボンニュートラル ワクチン接種 大谷翔平
  • テーマ1「日本経済」
    ESG投資 キャッシュレス 東証再編
  • テーマ2「国際経済」
    サーキュラーエコノミー デカップリング デジタル課税ルール
  • テーマ3「国内政治」
    スーパーシティ構想 デジタル庁 防衛費
  • テーマ4「国際社会」
    Quad ミャンマー問題 アフガニスタン情勢
  • テーマ5「業界・企業」
    SSaaS トレーサビリティー 半導体不足 リスキリング
  • テーマ6「労働・雇用」
    改正育児・介護休業法 ジョブ型雇用 早期退職(FIRE)
  • テーマ7「テクノロジー」
    DX NFT メタバース 代替肉・植物肉・昆虫食 ボイステック
  • テーマ8「国土・環境」
    関係人口 防災気象情報 CCS・CCUS アップサイクル
  • テーマ9「医療・福祉」
    遺伝子治療 生理の貧困 ヤングケアラー
  • テーマ10「社会・生活」
    ウェルビーイング ジェンダーギャップ 成人年齢引き下げ
  • テーマ11「教育・文化・スポーツ」
    GIGAスクール構想 デザイン思考・アート思考 藤井聡太
  • 巻末資料編
    基礎用語 ミニ辞典 他

日経HRの時事関連本 比較表

                
  『日経キーワード
2022-2023』
『図解でわかる時事重要テーマ100 2022-2023』
詳細はこちら
 

keywords2022-2023_table.jpg

zukai2022-2023_table.jpg

価格 1,265円(税込)
Amazonで購入する
1,100円(税込)
Amazonで購入する
時事問題対策 【用語集】
定義が簡潔に分かる。
分からない言葉を調べたり、重要用語を確認できる。
【図解で解説】
図やイラストを使っていて、ビジュアルから理解できる。
業界・企業
研究対策
・テーマ【業界・企業】
最新の業界・企業動向を解説
例「D2C」「MaaS」
「トレーサビリティー」「半導体不足」
・テーマ【業界・企業】
基本から図解
例「企業の分類」「ビジネスモデル」
その他 全11テーマで幅広く学べる。
例 テーマ【労働・雇用】
→「ギグワーカー」「早期退職(FIRE)」など
経済の基礎知識についても掲載。
例「円高・円安」「GDP」など