【書籍】難解なニュースをスピード理解 ビジネス・就活・中学・高校受験に使える時事専門書が好評発売中

HRコーポレート用 cover-RGB_jijijuyo.jpg

『業界・企業研究にも使える
図解でわかる時事重要テーマ100 2022年度版』

最新時事をビジュアルでわかりやすく解説、直感的に理解できます。

  • ニュースを理解するための基礎用語
  • 今後予想されることや問題点など発展的な情報
  • 穴埋め問題の「確認ドリル」なども掲載

就職活動を行う学生を対象とした書籍シリーズ「日経就職シリーズ」の1冊ですが、ビジネスや中学・高校受験でも役立つ情報が満載です。


新型コロナウィルスによる社会への影響をはじめ、政治、経済、労働・雇用、テクノロジーなど特に重要なものを100テーマ厳選し、やさしく解説しています。

かつては、時事ニュースは筆記テストで問われるくらいでしたが、近年ではグループディスカッションのテーマになったり、面接試験で意見を求められることなど思考力が問われる場面が増加しています。

本書は、経済や企業に関するニュースを理解するための基礎用語や、一歩進んで今後予想されることや問題点など発展的な情報もまとめました。各章の最後には、理解度を確認できる穴埋め問題の「確認ドリル」も掲載しています。

就職活動を行う学生はもちろん、中学・高校の小論文・面接対策の時事問題教材や公務員試験、ビジネス、昇進試験、資格試験など幅広く活用できます。

日経HR編集部 編著 /定価:本体1,000円+税 /発売日:2020年10月26日/ISBN:978-4-89112-197-6
Amazon(紙)で購入する    Amazon(Kindle版:電子書籍)で購入する


本書の活用法

jiji5.jpg


【目次】
  • 第1章 重要テーマセレクト10
    進むオンライン化で変わる働き方/SDGs/気候変動・気候危機
  • 第2章 国際社会
    南シナ海問題/イギリスのEU離脱(Brexit)/世界の経済連携
  • 第3章 国内政治・行政
    菅内閣/成人年齢引き下げ/スーパーシティ構想
  • 第4章 経済
    暗号資産(仮想通貨)/ダイナミックプライシング/サブスクリプション
  • 第5章 業界・企業
    巨大企業グループ/異業種再編・異業種連携/シェアリングエコノミー
  • 第6章 労働・雇用
    働き方改革/人手不足/ハラスメント
  • 第7章 テクノロジー
    次世代自動車/宇宙開発/スーパーコンピューター「富岳」
  • 第8章 社会・環境
    脱プラスチック/将棋 8大タイトル/ストリーミングゲーム
  • 第9章 経済の基礎知識
    GDP/インフレ・デフレ/企業決算

  • 日経HRの時事関連本 比較表

                                       
      『業界・企業研究にも使える
    図解でわかる時事重要テーマ100 2022年度版』
    『日経キーワード
    2021-2022』
    詳細はこちら
    『時事&一般常識の
    完璧対策
     2022年度版』
    詳細はこちら
     

    HRコーポレート用 cover-RGB_jijijuyo.jpg

    nkword-1.jpg

    jiji.jpg

    価格 1000円+税
    Amazonで購入する
    1150円+税
    Amazonで購入する
    1200円+税
    Amazonで購入する
    時事問題対策 【図解で解説】
    図や写真を使っていて、ビジュアルから理解できる。
    【用語集】
    定義が簡潔に分かる。
    分からない言葉を調べたり、重要用語を確認できる。
    【一問一答形式問題集】
    勉強しやすく、得意・苦手なジャンルの把握ができる。
    【就職試験に出る! 最新時事】
    業界・企業
    研究対策
    ・テーマ【業界・企業】
    基本から図解
    例「企業の分類」「ビジネスモデル」
    ・テーマ【業界・企業】
    最新の業界・企業動向を解説
    例「MaaS」
    「ドラッグストア再編」
    ・「未来を見通す! ニュースな数字」
    ・「先輩たちが就活中に聞かれた
    『重要ワード』」
    その他 経済の基礎知識についても掲載。
    例「円高・円安」「GDP」など
    全14テーマで幅広く学べる。
    例 テーマ【雇用・労働】
    →「ギグワーカー」「働き方改革」など
    就活マナーについても掲載。
    ●暗記に役立つ「赤シート付き」
    →問題のヒントを隠したり、
    解答部分を穴埋め問題として
    活用したりすることも可能。